登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

22/01/2009  Report by James Tuck
ページ 1 / 5 次へ » 

インタビュー:ギグス

ユナイテッドは、30日にアウェーでマンチェスター・シティーとのダービーマッチを迎える。ユナイテッドで19年目のシーズンを戦っているギグスに、この試合への意気込みやダービーでの思い出を聞いた。ギグスはさらに、ManUtd.jpをはじめ公式サイトで募集したアジアのファンからの質問にも答えてくれた。

もし、シティー戦に出場することになったら、マンチェスター・ダービー出場数のユナイテッド史上最多記録を更新することになります。これについてはどのように感じますか?
そうなの? 知らなかったよ! こういう試合でプレー出来ることは素晴らしいことだと思っている。キャリアの初期の頃は、そういう試合のすべてに出場していたけど、ここ4、5年は事情が変わってきた。ダービーはサポーターにとって素晴らしいゲームだし、お互いのライバル意識もとても高い。だけど、僕らにとっては勝ち点3を獲得することがとても重要なんだ。

ダービーでの一番の思い出は何ですか?
思い出と言えばいくつかあるけど、一番は0-2でリードを奪われていた状況から逆転して3-2で勝利した1993年のダービーかな。僕が途中出場でエリック・カントナのゴールをアシストして2-2に追いついたんだ。その後、終盤にロイ・キーンがゴールを決めた。あれは素晴らしい試合だったよ。それから、1996年にメインロードで行われたダービーでは初めてフル出場を果たして、決勝ゴールを決めたことも印象に残っている・・・・・・ダービーにはたくさんの思い出があるよ。
ダービーでの初ゴールは1991年5月ということになっているんだ。相手のコリン・ヘンドリーのオウンゴールじゃなくてね! 確かにあの時、靴のひもくらいは触ったかもしれないけど・・・・・・。以前、僕が自分のゴールだと思うものを他の選手のゴールと記録された時は文句を言ったよ。

ページ 1 / 5 次へ »