登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「優勝がかかったこの時期は、片足しか使えなくても出場するよ。1シーズン頑張ってきたわけだから、そう簡単に休むわけにはいかない。気合いを入れて戦わなくちゃね」
─ リオ・ファーディナンド
22/01/2009  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 3 次へ » 

リオ「ミスから学ぶことが大事」

リオ・ファーディナンドが『インサイド・ユナイテッド』誌に、集中力の保ち方、ミスから学ぶことの大切さ、GKの孤独さなどについて語った。

ファンの間では、今シーズンのあなたは、ユナイテッドへ移籍して以降、最高のパフォーマンスを見せていると言われています。自分ではどう思っていますか?
僕はいつも安定したプレーをすることを目指しているし、ここ数シーズンはそのようなパフォーマンスを残せていると思う。けど大事なのは、チームが優勝することだ。自分がいいプレーをして、チームが勝てれば、最高の気分だよね。反対に、チームがタイトルを獲得できなければ、いくら自分がいいプレーをしても意味がない。夏の休暇中に「自分はいいパフォーマンスを披露できたな」と振り返るときはあるかもしれないが、シーズン中は常にトロフィーを獲得することを考えているよ。

今シーズン、自分が一番満足している試合を挙げるとすれば?
(チャンピオンズリーグ準々決勝の)アウェーのローマ戦だね。彼らは国内リーグで素晴らしいサッカーを披露し、インテルを追走していた。フランチェスコ・トッティは欠場したかもしれないが、チームとして自信を持って僕たちと戦ったんだ。でも勝ったのは僕たちだった。2-0でね。
ユナイテッドはチームとして成熟したなという手応えがあったよ。これまでだったら、同じような状況の試合では、1点か2点、ゴールを奪われていたかもしれない。けど無失点で切り抜けることができた。個人的にも今シーズン最高のパフォーマンスを披露できたと思っている。

DFは、たった1つのミスが命取りになることがあり、大きなプレッシャーがかかるポジションだと思います。集中力を切らさないコツは何ですか?
若かった頃は、90分間、集中力を持続させることがなかなか難しかった。僕は昔からセンターバックをやっていたわけではなく、中盤でプレーしていたんだ。求められる集中力が全く違うよね。今は自分に、状況によってどういうプレーが必要になるか、冷静に話しかけるようにしている。小さなことが大事になってくるんだ。ヘディングで競り負けないとか、常に周囲を見回しておくとかね。今のように、1試合ずっと集中力を保てるようになるまで、時間がかかったものさ。

他にはどのようにしてスキルを伸ばしてきたんですか?
選手として成長するには、ミスを犯し、そこから学ぶ必要があると思うんだ。ウェストハム時代は、当時のハリー・レドナップ監督

ページ 1 / 3 次へ »