登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「子供の頃から、バロンドールの獲得を夢見ていた」

「誇りに思っているし、とても幸せな気分だよ。この賞を獲得できるよう、僕を助けてくれたクラブや仲間にお礼を言わなくてはならない」
― クリスチアーノ・ロナウド

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

02 December 2008  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

インタビュー:ロナウド

ManUtd.comとMUTVの独占インタビューにおいて、クリスチアーノ・ロナウドは、バロンドール獲得の喜びとともに、これからも上を目指していくことを強調している。

おめでとう、クリスチアーノ。ユナイテッド史上4人目のバロンドールを獲得した今の気持ちを教えて下さい。
素晴らしいことだよ。子供の頃から、この賞の獲得を夢見ていた。だから、この賞の獲得を誇りに思っているし、とても幸せな気分だよ。僕を助けてくれたクラブや仲間にお礼を言わなくてはならないね。バロンドールは歴史のある賞だ。過去に受賞した偉大な選手たちと肩を並べることが出来て嬉しいよ。クラブの歴史上、3人しか獲得したことのない賞を受賞できるなんて驚くべきことだよね。昨日まで僕が受賞するなんて知らなかった。クラブにとっても、そして僕にとっても素晴らしいことだよ。バロンドールとクラブの歴史の一部になれたことを誇りに思うよ。選手はチームと個人のタイトルを獲得するために懸命にプレーをする。でも、僕にとってバロンドールは特別なものなんだ。

あなたが築き上げてきたキャリアの中で、今回の受賞はどれくらい重要なものですか?
すべての賞には、それぞれ異なる歴史がある。でも、バロンドールは最高の賞の一つだ。プロのサッカー選手になった時から、いつかこの賞を獲得したいと常に考えていたし、そのことを思うだけで気分が高まっていた。だけど、個人の賞と同じくらいチームのタイトル獲得も重要だ。チームと個人のタイト

ページ 1 / 3 次へ »