登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

独占インタビュー

「引退すれば、あの決勝戦のことは思い出すかもしれないけど、今はもっと多くのメダルを獲得したいと考えている。ユナイテッドの選手は誰でもそう思っているはずだよ」
─ ネマニャ・ヴィディッチ
22/01/2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

インタビュー:ヴィディッチ

ユナイテッドは昨シーズン、プレミアリーグとチャンピオンズリーグの2冠を達成したが、ネマニャ・ヴィディッチはそれに満足することなく、2008-09シーズンもさらに多くのトロフィーを獲得していきたいと語った。

この夏は、昨シーズンにトロフィーを2つ獲得したことで、気持ちよくホリデーを過ごせたのではありませんか?
とてもいいホリデーだったよ。プレミアリーグとチャンピオンズリーグで優勝して満足していたし、リラックスした時間を送ることができたんだ。でも正直に言って、それはもう過去のことだし、今は新しいシーズンに集中しなければならない。チーム内の雰囲気は盛り上がってきているよ。
別にプレッシャーはまだ感じてないけど、ユナイテッドには常にタイトルが求められていることは、誰もがよく理解している。たとえ前のシーズンに優勝トロフィーを獲得していてもね。

PK戦で決着が着いたチャンピオンズリーグ決勝のことを少し聞かせてもらえませんか?
決勝戦として、とてもいい試合だったと思う。とくに前半は僕たちが優勢に試合を進めていたんだ。PK戦のことはよく覚えているけど、ジョン・テリーがシュートを失敗したときは、僕自身もぼう然としていた。(そのシュートが成功していればチェルシーの優勝が決まっていたので)ただ信じられないという気持ちだったんだ。

あなたにはPKの順番は回って来ませんでした。
(最後のキッカーになったライアン・ギグスの)次がリオ(・ファーディナンド)で、そのあとが僕の予定だった。エドウィン(・ファン・デル・サール)がシュートを止めてくれてよかったよ。もちろんそれで優勝が決まったからだけど、キッカーには相当プレッシャーがかかっていたから、早く終わって欲しいと思っていたのさ。
勝ててよかったよ。嫌な思い出は残したくなかったからね。けど、僕はまだ満足しているわけじゃない。引退すれば、あの決勝戦のことは思い出すかもしれないけど、今はもっと多くのメダルを獲得したいと考えている。ユナイテッドの選手は誰でもそう思っているはずだよ。

チャンピオンズリーグの優勝は、これまでのキャリアにおいて最大の栄誉ですか?
もちろんそうさ。イングランドとヨーロッパを同時に制覇するというのは、最高の気分だ。だが個人的には、プレミアリーグの優勝

ページ 1 / 2 次へ »