登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

04/02/2016  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ミュンヘン犠牲者を追悼

現地2日(火)に行なわれるストーク・シティーとのバークレイズ・プレミアリーグ戦は、いわゆる“ミュンヘンの悲劇”と呼ばれる飛行機事故が起こった2月6日に最も近い試合にあたる。痛ましい事故から今年で58年、今夜オールド・トラッフォードに集うマンチェスター・ユナイテッド全関係者、サポーターは、クラブの現在だけではなく、過去の出来事にも心を寄せる。

1958年2月6日に起こった飛行機事故で命を落としたユナイテッドの元選手、クラブ関係者の親族がストーク戦で行なわれる追悼式典に出席する予定で、現地19:00にはミュンヘン・メモリアルにサポーターが集まり、故人を偲ぶ。また、試合開始時刻の前にはストレトフォード・エンドで巨大なバズビー・ベイブス旗が広げられ、スタジアム内のPAシステムを通してフラワーズ・オブ・マンチェスターが流される予定だ。

両チームの選手たちは喪章を着けてプレイし、弔意を込め半旗が掲げられる。

事故が起こった6日の午後3時4分には、サポーターが追悼会を開くという伝統があり、誰もが参加できる。当日は、サウススタンドのシーズンチケットホルダーであるピート・マーティン氏が、犠牲者に対す

ページ 1 / 2 次へ »