登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

10 March 2015  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

映像:被災地へ送るメッセージ

ユナイテッドのファーストチームの選手たちは、先日マンチェスターの子供たちと共に、2011年3月11日に発生した東日本大震災による巨大津波被害を受けた地域に住む子供たちに向けたメッセージを書く活動を行なった。

震災発生から4年が経ったが、ユナイテッドと公式パートナーのカゴメは、、被災地への関心を薄れさせない活動を引き続き行っている。その一環として、今月下旬にはクラブレジェンドのアンディ・コールが東北を訪問し、“カゴメ・リジェネレーション・チャレンジ・プロジェクト”に参加する。

選手と子供たちが布地に書いたメッセージは1枚のフラッグに縫製され、15日(日)のトッテナム戦開始前に披露された後、コールが東北の子供たちに送り届ける予定だ。同活動にはダビド・デ・ヘア、ロビン・ファン・ペルシー、アシュリー・ヤング、クリス・スモーリング、ジョニー・エヴァンス、マイケル・キャリック、アンデル・エレーラ、フィル・ジョーンズ、アドナン・ヤヌザイが参加。

ファン・ペルシーを含む数名のユナイテッドの選手たちは、カゴメが主催する世界中のユナイテッドファンの“想い”と東北の被災者とを繋ぐべく、特設ページに“エア・サッカー”動画の投稿を呼びかけるTohoku United Projectにも参加している。

ページ 1 / 2 次へ »