登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

フランク・コペル

デビュー:1967年9月9日vsバーンリー(H)
リーグ戦:8試合(先発2試合)
FAカップ:1試合
欧州カップ戦:1試合

合計10(先発2試合)出場、0ゴール

16/04/2014 

フランク・コペルが逝去

現役時代ユナイテッドに所属したフランク・コペルが、65歳の若さでこの世を去った。

SBとしてユナイテッドでも活躍したコペルは、血管性認知症に苦しんだ。同疾患は痴ほう症の類の中では、アルツハイマー病に次いで認知度が高い。元ユナイテッドの選手達による協会はアルツハイマー病を支援する基金を設立し、先週オールド・トラッフォードで夕食会が開かれたばかりだった。

1949年にフォールカークで生まれたコペルは、1964年に練習生としてユナイテッドに加入。退団するまでに12試合ファーストチームの試合に出場した。デビュー戦は1967年9月のバーンリー戦で、ジョン・フィッツパトリックと交代で出場。2-2でのドローに貢献した。

1968-69シーズンには10試合に出場。同年のユナイテッドはヨーロッパ王者として戦い、サー・マット・バズビー監督のファーストチョイスはシェイ・ブレナン、トニー・ダンだった。

コペルは1969年にブラックバーンに移籍し、その後3年をイーウッド・パークでプレー。1972年にはダンディー・ユナイテッドに移籍し、合計400試合を超える試合に出場。2度のスコティッシュリーグ優勝に貢献し、ファン人気の高い選手として活躍。

アーブロースで現役生活を終えると、同チームでアシスタントコーチとなり、フォーファーでも指導者としてのキャリアを送った。

マンチェスター・ユナイテッドは、辛い時間を過ごしているフランク・コペルのご遺族、ご友人に謹んで哀悼の意を表します。