登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

「非常に良い訪問だった。ユナイテッド人気の凄さも実感したが、ツアーへの関心度は凄いね。ここまで支持されているとなれば、チームと関われていることを名誉に思う」

― ピーター・シュマイケル

画像をクリックして各国での記者会見の模様をチェック!
20/02/2013  Report by Steve Bartram

期待高まる2013ツアー

スリリングな 2012-13 シーズンもまだ終わりを迎えていないにも関わらず、来シーズンに向けたプレシーズンツアーでユナイテッドが訪問する極東での興奮度は、日々高まっている。

クラブアンバサダーのピーター・シュマイケルは、日本と香港を訪れ、プレシーズンツアーの記者会見に出席。元GKは、現地での過熱ぶりを早くも実感したという。

「非常に良い訪問だった。ユナイテッド人気の凄さも実感したが、ツアーへの関心度は凄いね。ここまで支持されているとなれば、チームと関われていることを名誉に思う」

Aon主催の2013ツアーでは、アレックス・ファーガソン監督率いる豪華チームが、アジア地域の観客を大いに沸かせることになるだろうが、シュマイケルは2013-14シーズンの準備として設けられるツアーに向け、選手達は心身共にしっかりとした準備をすることが肝心と忠告している。

「移動も多いし、選手達には厳しいプレシーズンになると思う。現地で対戦するチームも強い相手が多い」

「私が現役の頃は、ほぼ間違いなくチームが勝つと思われるような相手と対戦してきた。だが今はそんな簡単に勝利を得られるような対戦相手ではない。対戦相手は、ユナイテッドというネームバリューを考えて、全力で向かってくるだろうからね」

「プレシーズンは新シーズンに向けた過程の1つ。仮に実戦まで50%の状態でツアーに参加したとしたら、シーズン開幕までに残り40から50%程度コンディションを上げる必要がある。だからこそ、ツアーでの親善試合は凄く重要な意味を持つ」

【関連記事】
日本開催の親善試合チケット情報