登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

26/04/2013 
ページ 1 / 2 次へ » 

gloopsがパートナーに

日本企業、株式会社gloopsが初のソーシャルゲーム系スポンサーとしてユナイテッドとパートナーシップを結ぶことになり、本日その契約を祝うイベントが開催された。

契約期間は2年間で、これによってgloopsはユナイテッドを使用したバトルカードゲームの制作と発売が可能になる。

日本国内に約400万人のファンを抱えているユナイテッドは、今回日本国内有数の優良企業のひとつであるgloopsを新たにスポンサーとして加えることを決定した。2005年に広告代理店として設立されたgloopsは徐々にオンラインソーシャルゲーム事業に乗り出して今の体制となった。ユナイテッドと同じく立ち上げ当初は小さなグループで、設立当初の社員は6名だったと言われているgloopsは、8年後の現在は日本、アメリカ、ベトナムにオフィスを構え、600人の社員を抱える企業に成長している。

gloopsは年間売上高240億円の企業で、19種類のゲームを日本国内の1800万人のユーザーに対して提供している。また、日本国内ではソーシャルゲームにおける最も権威のある賞も受賞している。

ユナイテッドのコマーシャル・ディレクター、リチャード・アーノルド

「gloopsは成長を続ける業界におけるリーダーカンパニーです。日本国内のソーシャルゲームの最前線を走っており、日本にいる400万人のユナイテッドファンと私たちの繋がりを更に深める手助けをしてくれると感じています」

「私たちは日本を重視しています。今年の夏のツアーで日本を訪れるのもその一環ですし、gloopsによる革新的なデジタルコンテンツをファンの皆様に提供できることを嬉しく思っています」

ページ 1 / 2 次へ »