登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

アレックス・ファーガソン監督はロンドンで行われた特別セレモニーで、チリのセバスティアン・ピニェラ大統領、セシリア・モレール夫人と面会した。

ユナイテッドはクラブの公式スポンサーであるコンチャ・イ・トロ社と協力し、救出された33名の作業員をオールド・トラッフォードの試合に招待する予定になっている。

19/10/2010  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

チリ鉱山事故の救出活動に敬意

アレックス・ファーガソン監督がチリのセバスティアン・ピニェラ大統領と面会し、オールド・トラッフォードへの招待が決まっている、鉱山事故から生還した33名の作業員と会うのを楽しみにしていると述べた。

ファーガソン監督はファーストレディーのセシリア・モレール夫人や、作業員のオールド・トラッフォード招待に尽力した、クラブの公式スポンサーであるコンチャ・イ・トロ社の関係者とも、ロンドンで行われた特別セレモニーで面会した。

「マンチェスター・ユナイテッドは勇気を持って試合に臨む選手たちを誇りに思っているが、生還を信じ続けた33名の作業員の忍耐力にも敬意を払いたい」とファーガソン監督はコメントした。

「チリ政府を始めとして、多くの人が一致団結して救出に当たったことで、全員を無事に救い出すことに成功した。全作業員が無事だったことに安心しているし、オールド・トラッフォードで会うのを楽しみにしている」

一方、ピニェラ大統領は、ユナイテッドの歴史、とくにミュンヘンでの飛行機事故を例に出し、悲劇を乗り越えてイングランド勢として初めて欧州王者に輝いたことに感銘していると述べた。

「悲劇から立ち直るには強い精神力と自らを信じることが重要になる。(ユナイテッドが困難を乗り切れたのは)単に幸運に恵まれたわけではなく、努力をしたからだ。チーム一丸となって戦ったことで、1968年に欧州の頂点に輝いたのだと思う」

また、ワイン会社のコンチャ・イ・トロ社のラファエル・グリサスティ副会長は以下のようにコメントした。「見事な救出作業を指揮したチリ政府に敬意を表したい。問題なく作業員を救い出せたのは、関係者がしっかりと協力したからこそだ。コンチャ・イ・トロ社もその姿勢に深く共感している」

ページ 1 / 2 次へ »