登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース


マンチェスター訪問で充実した時間を過ごしたチリの炭鉱者たち。最後はオールド・トラッフォードで記念撮影を行った。

写真をクリックして、ギャラリーをチェックしよう!

15/12/2010  Report by A Bostock, J Tuck

チリ探鉱者、OT訪問を満喫

チリのサン・ホセで起きた落盤事故から奇跡的に生還した炭鉱者33名のうち22名が、ユナイテッドとチリのワイン製造会社コンチャ・イ・トロの招待を受けてオールド・トラッフォードを訪問し、13日のアーセナル戦を観戦した。

「彼らを招待できたことを光栄に思う」と14日午後に炭鉱者たちを見送ったデイヴィッド・ギルCEOはコメントした。

「短い期間だったが、思い出深い訪問になったと思う。アーセナル戦では貴賓席でダンスを踊り、歌を歌って、試合を存分に楽しんでくれているようだった」

「試合前のミーティングでは、アレックス・ファーガソン監督が彼らの勇気を称える話をしたようで、選手たちはそれに励まされ、この重要な試合に勝てたのだと思っている」

コンチャ・イ・トロ社のジャンカルロ・ビアンチェッティ・マーケティング・ディレクターも「今回の訪問はユナイテッドからの提案によって実現した。この企画の橋渡しができたことを誇りに思う」と話し、感謝の意を表した。

炭鉱者たちはファーガソン監督とユナイテッドの選手たちにも会って、充実したひとときを過ごした。オマール・レイガダス(56)さんは「今回の訪問で一番嬉しかったのは、マンチェスター・ユナイテッドが試合に勝ったことだね」と話した。

リカルド・ビジャロエル(27)さんは「イギリスは美しい国だ。私自身はチリのコロコロのファンだが、兄弟はマンチェスター・ユナイテッドの大ファンなんだ」と語った。

【関連記事】
チリの炭鉱夫たちを歓迎