登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

22/01/2009 

イアン・グリーヴスが死去

元ユナイテッドのDFイアン・グリーヴスが76歳で亡くなった。

1932年5月26日にショーに生まれたグリーヴスは、1954年から1960年の間ユナイテッドでプレー、75試合に出場した。ただ、ビル・フォルケスの存在がなければ、もっと多くの試合に出場していたことだろう。

グリーヴスは1956年のリーグ優勝に貢献する働きを見せた。そんな彼にとって、ユナイテッドでの最も素晴らしい時期は、1958年のミュンヘンの悲劇以降のキャリアだろう。彼はこの事故以降の残りシーズン、2試合以外はすべてに出場してみせた。ミュンヘンの悲劇直後の試合となったシェフィールド・ウェンズデー戦、そしてFAカップ決勝のボルトン戦といった印象深い試合にも出場した。

1960年にユナイテッドを去った彼は、リンカーン・シティー、オールドハム・アスレティックでプレー。その後、膝のけがの影響により、1963年に引退した。
引退後はハダースフィールド・タウン、ボルトン、オックスフォード・ユナイテッド、ウォルヴァーハンプトン、マンスフィールド・タウンなどのクラブで経営面に携わる仕事をこなしていた。

ページ 1 / 2 次へ » 


イアン・グリーヴス
(1932年5月26日~2009年1月2日)
ユナイテッドでのデビュー戦:1954年10月2日ウォルヴァーハンプトン戦
出場試合数:75試合
リーグ優勝:1955-56シーズン