登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

この映像はBBCテレビが、1958年2月6日にミュンヘンで起きた飛行機事故の惨事を最初に伝えた時のもの。

この時には23名の生存者がいると報じられたが、最終的にはユナイテッドの選手8名と、クラブスタッフ3名を含む、合計23名が命を落とすこととなった。

ミュンヘンの悲劇について、さらに詳しくは、www.manutd.jp/Club/Munich.aspx をご覧ください。

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

06 February 2009 
ページ 1 / 2 次へ » 

最も暗い一日:1958年2月6日

2月6日は、マンチェスター・ユナイテッドに関係するすべての人々にとって、永遠に忘れられない日である。

1958年2月6日はユナイテッドの歴史上、最も暗い一日として記録されている。

その日、ユナイテッドはレッドスター・ベオグラードとのチャンピオンズカップの試合を終え、飛行機でマンチェスターへ帰るところだった。給油のためミュンヘン空港へ立ち寄ったあと、飛行機は離陸を試みるが、悪天候も影響し、2度失敗した。そして3度目の離陸で、機体は空港のフェンスに直撃し大破したのだった。

この事故により、ユナイテッドの選手8人とクラブスタッフ3人を含む、合計23名が命を落とした。犠牲者のほとんどは即死状態だったが、ユナイテッドのプレーヤーのダンカン・エドワーズは事故で重傷を負ってから15日後にこの世を去った。

ユナイテッドは、ロジャー・バーン(28歳)、エディー・コールマン(21歳)、マーク・ジョーンズ(24歳)、デイヴィッド・ペッグ(22歳)、トミー・テイラー(26歳)、ジェフ・ベント(25歳)、リアム・ウェラン(22歳)、ダンカン・エドワーズ(21歳)の8選手と、クラブ秘書のウ

ページ 1 / 2 次へ »