登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

23/12/2009  Report by Communications Dept.
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド、新秘書と契約

ユナイテッドは現トッテナムのクラブ秘書、ジョン・アレクサンダーを戦後5人目のクラブ秘書として迎える予定であることを明らかにした。ジョンはシーズン終了後に引退するケン・ラムズデン氏の後任としてクラブ秘書に就任予定だ。

ジョン・アレクサンダーは2000年からトッテナムで秘書を務めており、それ以前はワトフォードでクラブ秘書を務めていた。現役時代にはミルウォール、レディング、ノーサンプトンでプレーし、1982年に選手生活にピリオドを打った。

2009年9月にユナイテッドは求人活動を開始し、国内の各紙で広告を行って世界中から応募を受け付けた。ジョンは今後、クラブの幹部委員会に参加予定だ。

チーフエグゼクティブのデイヴィッド・ギルもジョンとの契約を歓迎し、次のようにコメントしている。「ジョンはケン・ラムズデンの後任として完璧な人材だ。ジョンはサッカーのプレー経験も豊富だからね。我々一同、ジョンがクラブの発展のために重要な役割を引き受けてくれたことを心から嬉しく思っている。また、クラブはこの契約の過程において、ジョンの契約の早期終了を了解してくれたトッテナムの協力に心から感謝している。そのおかげで、我々はケンからの引継ぎをスムーズに行うことができそうだ」

また、ジョン・アレクサンダーは次のようにコメントしている。「私は世界最大のサッカークラブの秘書を務めるチャンスを与えられたことを非常に誇らしく思っている。クラブには並ぶもののないほど素晴らしい人たちばかりで、アレックス・ファーガソン監督やデイヴィッド・ギル、そしてチームのみなさんと一緒に仕事をするのを楽しみにしているよ。トッテナムでは、終始、楽しんで仕事をすることができたので、素晴らしい思い出を胸にクラブを去ることができる。私は

ページ 1 / 2 次へ »