登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

02/12/2009  Report by Adam Bostock

ギグスがシエラレオネを訪問

ライアン・ギグスは先月のインターナショナルブレイクの間、一味違った海外遠征を行っていた。ユニセフの親善大使の顔をもつギグスは、その活動の一環としてシエラレオネを訪問した。

西アフリカで拡大の一途をたどるHIVに歯止めをかけるため、ユナイテッドはユニセフと協力関係を結んで、活動を展開している。今回、ギグスは直接現地に足を運び、その状況を自らの目で確かめたのだった。これは非常に大きな挑戦といえるだろう。シエラレオネでは93万5000人もの人がHIVに感染しており、これは2002年と比較すると実に75パーセントの割合でHIV患者が増えている計算となる。

このような現実に世界中の目を向けさせることが、問題解決の第一歩となる。シエラレオネの若者の中で、HIVを予防するための対処法を理解していたのはわずか17パーセントに過ぎないのが現状なのである。

HIVに対する知識をしっかりと持ってもらうために、ユニセフはサッカーというスポーツと共に戦っていくことを計画。その中でも、ユナイテッドはシエラレオネの若いファンと盛んに交流する機会を設けて、ユニセフの活動を大きく支援しているのだ。ギグスがシエラレオネに訪問する

ページ 1 / 5 次へ » 


ギグスの活動記録

 ライアン・ギグスの活動の記録はここから見ることができます。

Part 1 Part 2 Part 3 Part 4 Part 5

ユニセフのHIVに対する活動をサポートしたいと思った方はunicef.org.uk/ryanへどうぞ。