登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

23/12/2009  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

バスビー・ベイブが永眠

元マンチェスター・ユナイテッド選手のアルバート・スキャンロン氏が22日、永眠した。享年74歳だった。

1935年10月10日生まれのスキャンロン氏はユナイテッドのユース出身で、1954年にマット・バスビー監督の指揮下でファーストチームデビューを果たした。当時、19歳だったスキャンロン氏はその後、「バスビー・ベイブス」の一員として活躍した。

前線のサイドの選手として活躍したスキャンロン氏は1956年と1957年の優勝に貢献しており、1958年2月のチャンピオンズカップの試合後のミュンヘンの悲劇でも、事故機に同乗していた。

飛行機はミュンヘンで燃料補給を行った直後に事故を起こしており、スキャンロンは生き残った8人のチームメートの1人だった。この事故では15人の同乗者が命を落とした。

事故での負傷から回復したスキャンロンはその後もオールド・トラッフォードでプレーし続け、127試合に出場し、35ゴールを決めた。

1960年にニューカッスルへ移籍し、その後はリンカーン・シティー、マンスフィールド・タウンを経て1966年に現役を引退した。

ページ 1 / 2 次へ »