登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

22/01/2009  Report by Communications Department
ページ 1 / 3 次へ » 

FAの声明を受け入れへ

マンチェスター・ユナイテッドはFA(イングランド・サッカー協会)の懲戒委員会との審問会を行った結果、FAの声明を受け入れると発表した。

パトリス・エヴラに関するFAの声明についてのクラブの見解は皆さんもご存知の通りだが、今回は別個の問題として次の2つの視点から調査が行われた。すなわち、高い評価を受け、敬意を表されるべきクラブのスタッフたちの評判に本件が及ぼす影響とFAを将来的に支える人々の意欲に本件が及ぼし得る影響についてだ。

クラブは今回の決定や公表における手順を除けば、懲戒委員会の判断の透明性は高かったと認めている。クラブは、FAには、マイケル・フェランやリチャード・ハーティス、その他のユナイテッドのスタッフたちの評判を損なう意図はなかったというFAの主張を受け入れた。その一方で、この試合に関わった人たちが、FAを手助けするような情報提供をすることで自身のキャリアを傷つけることになると考えていたとすれば、FAに進んで情報提供をすることを嫌がる雰囲気が潜在的に作られていたのだろうと考えている。

今回の一件に関わったスタッフたちは、間違いなくプロとして称賛されるべきキャリアを持っており、特にマイケルのユナイテッドとの親交は20年もの長期に及ぶ。そして、問題の試合中も彼は一貫して最大限の誠意を持って取り組んでいた。

クラブは今回の話し合いによって、本件が完全に解決したと見なしている。

ページ 1 / 3 次へ »