登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

クラブニュース

13/12/2007  Report by Steve Bartram

ファンの暴力事件を嘆く監督

サー・アレックス・ファーガソン監督が、12日のローマ戦の前に、ファンの暴力事件が起きたことを残念に思うと語った。

スタジアムの近くでサポーター同士が衝突した結果、ユナイテッドのファン5人が刺し傷を負い、病院で治療を受けたという。

両チームの対戦では、咋シーズンも警官とファンが衝突するという事件が発生している。

「こんなことは起きないことを願っていた」とファーガソン監督。

「トラブルが何も発生することなく、マンチェスターへ帰りたかった。本当に残念だ」

「詳しいことは分からないが、けがをしたサポーターの方々が無事であることを祈っている」

一方、クラブの広報はManUtd.comに対して次のように語った。

ページ 1 / 2 次へ » 


再発

「こんなことは起きないことを願っていた。トラブルが何も発生することなく、マンチェスターへ帰りたかった。本当に残念だ。けがをしたサポーターの方々が無事であることを祈っている」
─ サー・アレックス・ファーガソン監督