登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

24/03/2013 

インサイドOT:ミュンヘントンネル

マンチェスター・ユナイテッドの歴史の中で最も悲しみに暮れた出来事と言えば、飛行機事故で多くの人命を失ったミュンヘンの悲劇だろう。そして、この悲劇からチーム再建を果たした精神力の強さこそ、今日まで根強く生きるチームアイデンティティーに他ならない。

事故が発生した1958年2月6日から50年という月日が経った2008年2月、オールド・トラッフォード内に事故の記憶を絶やさぬよう、ミュンヘントンネルが新設された。

トンネルのあるサウススタンドの通路壁には、バスビーベイブス(マット・バスビー監督が育てた生え抜き選手の愛称)がイングランド王者となった時の功績、事故の記憶、そして事故から僅か10年後にヨーロッパ王者という悲願を達成するまでの記録が展示されている。

ミュンヘントンネルの入り口には、事故で命を落とした8名のファーストチーム選手(合計23名が死亡)の栄光を称える記念額が設置されている。

画像をクリックしてギャラリーをチェック。