登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

今回のレッドビュー映像では、ファーガソン監督時代に移籍した選手で、移籍後早期にハットトリックを達成した選手のゴールシーンを紹介する。

ウェイン・ルーニー v フェネルバフチェ:2004年、デビュー戦
アンディ・コール v イプスイッチ(5ゴール):1995年、移籍後7試合目
マイケル・オーウェン v ヴォルフスブルク:2009年、移籍後20試合目
ルート・ファン・ニステルローイ v サウサンプトン:2001年、移籍後22試合目
ドワイト・ヨーク v レスター:2000年、移籍後24試合目
ブライアン・マクレアー v ダービー:1988年、移籍後43試合目

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

10 September 2012  Report by J Tuck, L Kane

レッドビュー映像:移籍直後のハットトリック集

新加入のロビン・ファン・ペルシーが、前節サウサンプトン戦で記録したハットトリックは記憶に新しい。

アレックス・ファーガソン監督時代になって以降、移籍後のデビュー戦でハットトリックを達成したのはウェイン・ルーニーのみで、2004年、チャンピオンズリーグのフェネルバフチェ戦で3ゴールを叩き込んだ。

最近では2009年に、マイケル・オーウェンがかつてのフォームを彷彿とさせるトレブル(3点)を、チャンピオンズリーグでのヴォルフスブルク戦で決めた(その試合まで、オーウェンは先発8試合を含む20試合に出場していた)。

アンディ・コールは、ユナイテッドでの7試合目にあたる1995年のイプスイッチ戦(9-0で勝利)で5ゴールをマーク。ニューカッスルから高額な移籍金で獲得した選手として相応しい実力を証明してみせた。

その他ユナイテッド史上に残る点取り屋としては、ファン・ペルシーの同胞であるルート・ファン・ニステルローイが挙げられる。ユナイテッド加入から初のハットトリック達成まで22試合を要したが、奇しくもファン・ペルシーと同じサウサンプトン戦でのことだった。