登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

09 December 2012  Report by J Tuck, L Kane

レッドビュー映像:サンダーランド96

ユナイテッドにとってクリスマス前最後となるホームゲームの対戦相手は、サンダーランド。 1996 12 月にも、同様のシチュエーションで彼らと対戦している。

この年を最後に現役引退したエリック・カントナのゴールが印象的な試合を忘れるわけがないだろうが、同試合で更に合計4ゴールが生まれたことを忘れているファンは意外に多いかもしれない。

ビジターサイドは約1時間程度なら五分以上に戦えるかもしれないと論じられていたが、ブラックキャッツ(サンダーランドの愛称)監督のピーター・リードは、「ゴールが流れを変える」と指摘。その言葉通り、ハーフタイム10分前にオーレ・グンナー・スールシャールが口火を切ると、後半開始から3分後には再びスールシャールがゴールをマーク。その間にカントナも普段と同じく冷静にPKを決めてユナイテッドが3-0とリード。

そこにニッキー・バットも中央で素晴らしいターンからゴールを決め、オールド・トラッフォードのファンから喝采を浴びる。最後は再びカントナのゴールで5-0の完勝。

この勝利で4位に浮上したユナイテッドは、同年チャンピオンズリーグでこそ準決勝敗退となったが、リーグ戦では2位ニューカッスルに勝ち点差7をつけて優勝を果たした。