登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

17/05/2013 

優勝にまつわるナンバー

アレックス・ファーガソン監督がユナイテッドで手にしてきた優勝トロフィーこそ、チームにもたらした成功の証。そんな証に関係するストーリーを、ある数字から読み解いていく。

プレミアリーグ優勝(1993、1994、1996、1997、1999、2000、2001、2003、2007、2008、2009、2011)

1999-00:ユナイテッド史上最もライバル達に大差を付けて優勝したシーズン。勝ち点で2位と18差、最多得点数(97)、38試合のリーグ戦で最多勝ち点(91)、それに加えて最多勝利数(28)、最低となる負け試合数(3)を記録。まさしくリーグを独占したシーズンだった。

111:過去ファーガソン監督の下でプレーした選手の中で、ウェイン・ルーニーが最多となる111ゴールを記録(2011年5月11日の時点で)。ルーニーはリーグ戦226試合に出場しているため、2試合に1点を挙げている計算になる。ルーニーは過去4度のタイトル獲得に貢献している。

ページ 1 / 5 次へ » 


その他の獲得タイトル

スーパーカップ(1991)
コミュニティーシールド(1993、1994、1996、1997、2003、2007、2008、2010、2011)
インターコンチネンタルカップ(1999)
クラブワールドカップ(2008)

30:2010年のコミュニティーシールドに出場した移籍1年目のハビエル・エルナンデスは、僅か30分の出場で初ゴールをマーク。チームも3-1で勝利した。

22110:オールド・トラッフォード改修工事前最後の試合となった1991年スーパーカップ決勝。レッドスター・ベオグラードに1-0で勝利。本来であればホームアンドアウェー方式のはずだったが、ユーゴスラビアの政治が不安定な状態だったため、1試合のみとなった。

1:1999年にユナイテッドが優勝するまで、イングランドのチームがインターコンチネンタルカップを制したことは無かった。パルメイラスに勝利した後、監督は「われわれが世界王者」と言って憚らなかった。

575:2008年のポーツマスとの決勝で両チームがボールに触った回数。試合はPK戦にまでもつれ、テベス、ギグス、キャリックが沈めて3-1で勝利した。