登録
ようこそ 
登録情報を変更する
PREMIER LEAGUE





The Club since 1878

The Club since 1878

ヨーロッパカップウィナーズカップ

ページ 1 / 2次へ »

ヨーロッパカップウィナーズカップ

サー・アレックス・ファーガソンは1990/91とユナイテッドをヨーロッパカップウィナーズカップへの成功に導きました。カップは30年後、UEFAによって発足されました。

それはRedsにとっては当カップで初めての勝利でしたが、サー・アレックスにとっては2回目でした。彼は1983年にアバディーンと共に、レアル・マドリードに驚きの2-1で勝利したことがあったのです。

1963年、シニアの国内カップ、通称FAカップ優勝というエントリー評価基準を満たし、ユナイテッドは1963/64大会でデビューしました。サー・マット・バスビーのチームは、ウィレムIIの軽快な動きで、オランダサイドで合計7-2で勝利し、オール・イングランドの2戦、トッテナムを4-3で倒しました。

Redsがオールドトラフォードで見た目には十分な4-1リードを築き上げ、スポーティング・リスボンによって5-0と負かされた時に冒険が終わりました。 ベストに整ったチャールトンは2年後に、復讐と共にポルトガル・シティへ戻り、より重要な大会、ヨーロッパカップでスポーティングのライバルであるベンフィカを5-1で負かしました。

レッズは1977年まで、FAカップでの勝利とその後のカップウィナーズカップでのブレークを待たなければなりませんでした。デーヴ・セクストン側はプリマス・アーガイルでセント・エチエンヌを2-0で負かしました。フランスでの1-1ドローの際のサポーター問題を考慮して、UEFAは、少なくとも彼らの「ホーム」であるマンチェスターから200キロメートル離れた場所でプレーするようにユナイテッドに命令しました。

プリマス戦後、Redsはポルトガルへ飛び、FCポルトに0-4とまた苦しく重い敗北を喫しました。オールドトラフォードで方向を転換させようという勇敢な努力は空しく終わり、ユナイテッドはその夜、5-2としましたが、合計6-5で敗れました。

ページ 1 / 2次へ »