登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

首都認定:1857年
人口:190万人
7月の平均気温:23度から33度
7月の平均湿度:85%
通貨:マレーシア・リンギット(1ポンド=5.34リンギット=161.69円)
時差:日本標準時-1時間
ユナイテッドの最後の訪問:2001年のアジアツアー
詳細情報:kualalumpur.gov.my tourismmalaysia.gov.my
06/09/2010 
ページ 1 / 2 次へ » 

ツアーガイド:クアラルンプール

ユナイテッドは7月中旬に10日間のアジアツアーを予定している。4つの都市に訪れる予定となっているアジアツアー中で、今回は最初に訪問するマレーシアの首都、クアラルンプールについてご紹介しよう。

19世紀半ばに首都として認定されたクアラルンプールは、東南アジアの首都としては最も歴史が浅いが、シンガポールに次いで経済的に成功している都市だ。

この都市は今も成長し続けている。街はペトロナス・ツインタワーイスラム美術館などの近代的なビルで溢れかえっている。

安全で社交的な雰囲気のクアラルンプールは昼間は活気に溢れ、夜もエネルギーに満ち溢れている。どんな熱烈なユナイテッドファンも教養マニアも満足させるくらい、街には記念碑やギャラリー、市場や美術館が豊富で、これらを観て回るには少なくとも1週間はかかるだろう。

ユナイテッドは7月18日に収容人数10万人を誇るブキット・ジャリル国立競技場でマレーシア選抜との親善試合を予定している。同競技場は1998年のコモンウェルス競技大会の開催地として設立され、メルボルン・クリケットスタジアムと共に世界で9番目に大きなスタジアムとして記録されている。

ユナイテッドが最後にマレーシアを訪れたのは2001年のアジアツアー だった。リオ・ファーディナンドは当時と同じような熱烈なファンの歓迎を楽しみにしていると語った。

「ファンの歓迎は信じられないくらい素晴らしかった。何千人というファンがトレーニングだけでなく、空港やホテルにも駆けつけてくれたんだからね!」と、ファーディナンドはコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »