登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

アジアツアー2009

マレーシア選抜チームvsユナイテッド
ブキット・ジャリル国立競技場、クアラルンプール
7月18日、18時30分(日本時間)

06/09/2010  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

リオが語るアジアツアーの重要性

リオ・ファーディナンドは今後数週間のプレシーズン中の試合が、ユナイテッドの2009-10シーズンの成功にとって重要な鍵を握ることになると語った。

ユナイテッドは来週からのアジアツアーで4試合を予定しており、アジアの気候とバラエティ豊かな相手との対戦が、これからの長いシーズンに向けての理想的な準備となるはずだと考えている。

「プレシーズンで一番重要なのは、良い内容のトレーニングをすることだ」と、ファーディナンドはMUTVでコメント。「ここ数年間で僕らが成功を収めて来た大きな理由の1つに、プレシーズンに良い基礎を築けたことがあるだろうね」

「あの湿気の多い気候に慣れるまでには少し時間がかかるけど、違った戦い方を見せる様々なチームと対戦することはとても良い経験になる」

ツアー初戦は18日に行われるマレーシア選抜チーム戦だ。2001年のプレシーズンでもユナイテッドはマレーシアと対戦し、U-23中心のチームを相手に大勝していた。

その翌週のインドネシア選抜チーム戦でもK・ラジャゴバル監督は28人のトレーニングチームにシニアの選手を4人しか招集しない予定のため、若手選手が中心のチームと対戦することになると見られている。

ラジャゴバル監督は、ユナイテッドとの対戦が12月に東南アジア競技大会を控えている若手選手たちにとって非常に有意義なものになると見込んでいる。「東南アジア競技大会は代表チームにとって大きな目標となるので、U-23の選手たちを参加させたいという意図をみなさんにも理解してもらえるよう願っている」とコメントした。

ページ 1 / 2 次へ »