登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

アジアツアーでのデビュー

アントニオ・バレンシアは新加入選手としてアジアツアーに参加するだろう。

今回の動画特集では、アジアツアーでデビューを果たした選手を特集。ファビアン・バルテズのように奇妙な形で試合に出場した選手もいる。

MUTVとMUTV Onlineでは、アジアツアーの全試合を生放送でごらんいただけます。詳しくはこちら

MANUTD.COM The Official Website

Please upgrade to the latest version of Flash Player
Once the new Macromedia Flash Player has been installed,
please revisit the site in a new browser window.

03 July 2009  Report by Mike Shaw
ページ 1 / 2 次へ » 

動画:アジアでのデビュー特集

アジアツアl-は新加入のアントニオ・バレンシアにとって、ユナイテッドと良い関係を築ける最高の機会になるだろう。今回はアジアツアーでデビューした選手たちを紹介する。

1.ルート・ファン・ニステルローイ(2001)
2000年にひざの負傷を完治させ、PSVから1900万ポンド(約33億円:当時)での移籍を完了させた直後、ファン・ニステルローイはマレーシア選抜戦でユナイテッドデビューを果たした。前半の2ゴールで、ファンは彼の価値を証明。その後彼はユナイテッドで200試合以上に出場し、150ものゴールを挙げることになる。

2.ファビアン・バルテズ(2001)
公式戦デビューではないにしろ、フランス人GKバルテズはシンガポール選抜戦で左ウイングとして途中出場した。試合後、アレックス・ファーガソン監督は次のように語った。「バルテズはずっと私にフィールドプレーヤーとして出場したいと望んでいたんだ。そして、私は出場するように支持した。ただ、次に出場する時はゴールマウスの前だと話したんだ」

3.パク・チソン(2005)
パクがユナイテッドの選手としてプレーしたのは、2005年のアジアツアー。北京ヒュンダイ戦での彼のゴールは、スタジアム中の観客の視線を釘付けにした。あれから4年が経ったが、彼は今もユナイテッドのキーマンt。

ページ 1 / 2 次へ »